FC2ブログ

夏休みの宿題提出!! タミヤ 1/35フンメル

フンメル記事 (9 - 9)
フンメル (1 - 5)
◾️提出!!! このフンメル、ツイッター上では公開していましたが、やっとブログにまとめることができました。レポートだったら完全に受理されないよ!! というわけで、やっとまとめることができたのよ!!! どんどんぱふぱふ🎶
キットの解説はこちらの記事「再会 1/35MM」を見てちょ。
僕はこんな風に作ったんすよ〜という記事をふんわりやるのが好きなんで、今回もフンメルをどう作ったのかふんわり行きますよ。次の過程がよく飛ぶ!って言われますが、全部見せないのもいいじゃないですか〜。
フンメル (4 - 9)▲大体組み上がるとこうなります。今回は珍しく塗装のことも考えてるんすよ
フンメル記事 (1 - 3)▲ドーン!! ロコ組み。って言われる組み方〜。こちら転輪にはポリキャップが入っているので取り外し自由。それを活かし、転輪を所定のいちに接続し、上部のローラーを車両に仮止めした状態で履帯を接着。ローラーも履帯側に接着します。すると……このように履帯と転輪が一体となった状態で外せるんですね〜。フンメルは足回りがよく見える車両なので、シャシーの汚しをやりやすくするためにロコ組みした感じです
フンメル記事 (2 - 3)▲んで、まぁ塗るとこうなるんだな
フンメル記事 (2 - 11)▲最近はまっているのが、タミヤアクリルを使用するときクリヤー塗料を混ぜて塗るということ。今回はクリヤーイエローを混ぜます。濁りなく、色味に黄色味を足せますので、深みが出るのと、クリヤーは光沢なので、タミヤアクリル特有のドマットな感じではなく半光沢でざらつきのすくない塗面になります
フンメル記事 (1 - 11)▲色味は人ぞれぞれ好みがあると思うので。こんな感じで塗面が滑らかになるっす
フンメル記事 (3 - 3)▲先ほどの塗料にホワイトを加えたもので明るくしたい場所を塗り、グラデーション
フンメル記事 (7 - 11)▲グラデーションが終わったらチッピングです。今回下地はタミヤのサフのオキサイドレッド。タミヤのサフはプライマー効果もあるので金属パーツに対しても塗料の食いつきが良くなります。上に塗ったダークイエローをデザインナイフの刃先やセラカンナなどでちまちま剥がして塗料ハゲを再現する方法で行きました
フンメル記事 (6 - 11)▲フンメルの見せ所の紅白歌合戦。ここは途中で気がついたんですが、説明書に原寸の塗装図がありますので、それに重ねてマスキングすればすぐ終わります。いや〜気がつかなかった
フンメル記事 (3 - 11)▲フンメルってアクセサリーが多くて多くて。無心で塗りましたが、使う分だけでいいんですよ。僕は無計画な人間なんで全部塗りました。欲しい人いますか?
フンメル記事 (4 - 11)▲木箱です! これは本当にサクッと塗り終わる方法があります
フンメル記事 (5 - 11)▲タミヤアクリルのデッキタン、もしくはバフなどを塗り、乾いたらウェザリングカラーのステインブラウンを塗るだけ。平筆を一方方向に動かすようにさ〜っと塗ると木目のようになります。1/35スケールくらいのサイズだとこのくらいで全然良いと思います
IMG_6481.jpg▲いっぱい土を盛ります。パステルやピグメントという粉。顔料になるのですがこれを使用します。ガンガン盛ったところに、タミヤのアクリル溶剤を筆に含ませ、その筆先を指で弾いてアクリル溶剤を飛ばし、アクリル溶剤でランダムにピグメントを定着させます。盛ったとこにろに直接筆でビヤ〜っとやると、筆にピグメントがついて????っとなります。弾いた溶剤が乾いたら、模型をトントンして一旦ピグメントを落とし、また盛って溶剤を飛ばす。それを繰り返しました。ウェザリングペースト使えばよかった……楽だし。その話は違う戦車でしましょう
フンメル記事 (9 - 11)▲こういうなんか並んだ写真。好きです! 全く意味ないけどね。基本塗装が終わったので、車両にウェザリングして行きます!
フンメル記事 (8 - 11)▲ウェザリングしました! すいません。こちらはウェザリングカラーのフィルタリキッドのフェイスグリーンとウェザリングカラーのグランドブラウンを混ぜたものを溶剤で薄めたもので汚した後です。この後にスポンジに含ませたエナメル塗料の黒とブラウンでポンポンしてます。他にもやっていますが、途中写真ないのですんません
◾️そして出来上がった車両がこちらです!!
フンメル記事 (7 - 9)▲主砲の無骨さ。しびれますね〜
フンメル記事 (8 - 9)▲本当にチッピングって楽しいですよね〜
フンメル記事 (2 - 9)▲そしてこの人が入った瞬間!!!
フンメル記事 (4 - 9)▲はい!楽しい。ただただ最高。フィギュアを塗るといきなりシチュエーションが爆誕して模型に小さな世界ができますよね。それが楽しいんです
フンメル記事 (3 - 9)▲車両に引っかき傷もつけました。面が広いので良いアクセントになるかなと思いまして
フンメル記事 (6 - 9)▲このパーツの密集度! 色々やりたくなっちゃいます。ウェザリングポイントですね

◾️というわけで、1/35 MM フンメルいかがだったでしょうか? 久々に1/35を完成させることができて実はめっちゃ嬉しいんです。この迫ってくるかのような解像度ある車両と人の共演を楽しめる体験はやっぱり1/35MMの魅力です。楽しいプラモはどんどんお代わりしたいもの。次は砂漠の戦車を作りたいな〜なんて思っています。まだまだ残暑は厳しいですが、確実に模型がしやすくなる季節に向かっているこの時期に、タミヤ 1/35MMいかがでしょうか? 僕の夏休みの宿題は以上になります。ありがとうございました〜。


スポンサーサイト



僕のお買い物 #003 VANS オーセンティック

バンズ (2 - 4)
◾️VANS。これまではちゃめちゃに履いてきたメーカーのひとつだ。来世にVANSがあったらきっと履くだろう。でも出会いたいモデルはチャッカとオールドスクール、そしてこのオーセンティックの3つだけ。VANSではこの3つがあれば僕は楽しく街を歩けると思う。みんな普通で邪魔しない。そんな靴だから。
バンズ (4 - 4)
◾️飾り気のないオーセンティック。どことなく漂う雰囲気はデザインだけではないと思う。このオーセンティックこそがVANSの創業モデルでありオリジン。1966年にポール・ヴァン・ドーレンが3人の仲間とともに設立。VANSは産声をあげる。「ヴァンとその仲間たち」という意味である。店のオープン当日に#44というカスタムオーダーのベースモデルが並べられた。これが現在のオーセンティックのベースモデル。12名の客が注文した靴は、50年後には世界中の人々が履いているモデルへと成長を遂げた。
バンズ (1 - 4)
◾️VANSのスニーカーのカカトと言えばこのタグ。「OFF THE WALL」。「普通じゃない、変なやつ」というスラング。創業からVANSを支えたこの靴にぴったりの言葉だと思う。そして今はすごく普通なモデルになったオーセンティック。でも履いている人をみるとちょっとこだわりのある人が多いかもね。そんな風に履いている人を見たから僕もこの靴が好きになった。
バンズ (3 - 4)
◾️いつでもどこでも買うことができる定番モデル。だからこそガンガン履いて、いろんな経験をこいつと共有したい。そして結構いいグリップ持っているんだよ。こいつは。これからの季節何と合わせるか楽しみができた。そしてオーセンティックと共にまたどこか旅に行こう。


プラモデルで世界を旅する 国立アメリカ空軍博物館 後編

国立アメリカ空軍博物館 (163 - 250)
声が枯れるまでバカ笑いする。足が悲鳴をあげていても進む。旅は常にリミッターを解除してくれる。だから外に出るチャンスがあるのなら僕は前に進みたい。
国立アメリカ空軍博物館 (178 - 250)
ここには、人の挑戦がある。空へ、そして宇宙へ……。
国立アメリカ空軍博物館 (249 - 250)
しかしそれは決して美しいものばかりではない。戦うことを辞めることができない人類の道も記されている。
国立アメリカ空軍博物館 (129 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (130 - 250)
第二次世界大戦を経て急速に進化して行く航空機。朝鮮戦争、ベトナム戦争から冷戦という現代史の縮図がここにはあり、航空機たちがそれを代弁してくれる。
国立アメリカ空軍博物館 (159 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (146 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (167 - 250)
異形の翼は何を僕たちにもたらしてくれたのだろうか……。
国立アメリカ空軍博物館 (214 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (210 - 250)
正式採用に至らなかったながらも、目を惹きつけられる姿
国立アメリカ空軍博物館 (220 - 250)
僕らと同じ人間が作り出しとは思えない、恐怖すら覚える景色。世界にここにしかないものがそこら中にあって、そこから放たれるエネルギーに圧倒される。
国立アメリカ空軍博物館 (180 - 250)
n01.jpg
国立アメリカ空軍博物館 (182 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (183 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (184 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (185 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (186 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (187 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (188 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (189 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (190 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (192 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (196 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (201 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (207 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (235 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (246 - 250)
夢。夢。夢の連続。夢が道を作り出している空間を歩くことはけっして優しいもんじゃない。全身の毛穴に針が刺さって来る。プラモデルや図鑑で見たなんて記憶は無になってしまうかのように……。

博物館に行くと感じる感覚は人それぞれ。各部を詳細に見る、全体の雰囲気を楽しむ。どれも正解で、きっとその人の心には何か生まれる。それが豊かさ。兵器の声も全てが悪じゃない。そして僕たちのようなプラモ好きはそのような場所ではさらに多くのことを感じるはずだ。僕はいつも博物館に行くたびに思うことがある。「プラモ好きでよかったな〜」って。プラモがあったからこの体験ができている。プラモデルをきっかけに世界へ。大好きなものがあと推ししてくれる旅は、きっと自分の中で大きなものになってくれる。これからも……

旅が終われば出会いがある。旅の思い出をまた指と目でゆっくりと味わおう。次に行こうじゃないか。
m01
m02
m03
m05
m04
m06
国立アメリカ空軍博物館 (118 - 250)

プラモデルで世界を旅する 国立アメリカ空軍博物館 前編

国立アメリカ空軍博物館 (250 - 250)
 机の上で楽しんでいるプラモデルが世界へと連れて行ってくれる……。「プラモデル」にそんな浪漫を僕は今も持ち続けています。組み立て説明書の実機解説の文章に出てくる国や地域、戦い、開発者のエピソードなどは世界への憧れを加速させ、脳内で様々な景色を想像させてくれます。そんなことを思い描きながら僕はプラモデルを楽しむのが本当に好き。そして実機を見たり、その国を訪れて見たいという欲も素直にあります。
国立アメリカ空軍博物館 (242 - 250)
 海外に行くチャンスができた時は「自分にとってスペシャルな経験になることをする、もしくは見つける」というのを常に思っています。そういうチャンスがありながら多くを無駄にして来ている大人たちの姿を一時期数多く目にさせられて来たこともあり、なんでも良いからどんな体験をしたのかとか、心が震えたこととかは友人たちと話したりして共有したり、こんな風にブログに書いて見たりして残して行くことは大事なことなのかなと思っています。僕が見に行き、また違う人が行き、異なった感受性による感想が合わさり情報が更新されて行く。そしてそのような営みが今僕たちの周りにあるでしょうか。
国立アメリカ空軍博物館 (228 - 250)
 目先の利益、140ワードでの世界、聞きかじっただけの印象の世界。ちょっとだけそんなところから自分を切り離してみる……それこそ旅のような体験で。そうすると自分が好きなものがもっと好きになれるかもしれない……僕は好きになりました。
国立アメリカ空軍博物館 (6 - 6)
 アメリカ オハイオ州デイトンにあるライトパターソン空軍基地。そこに隣接する巨大なホール「国立アメリカ空軍博物館(National Museum Of The United States Air Force)」。空の夢が詰まったここにしかない世界があります。
国立アメリカ空軍博物館 (2 - 6)国立アメリカ空軍博物館 (1 - 6)
 長距離バスでインディアナポリスからデイトンへ。長距離バスで2時間。アメリカの早朝の長距離バス乗り場はなかなかの緊張感。私の前にいた人は腰にごんぶとナイフぶら下げていたり、結構ドキドキ。常に気を張っておくことはやはり必要です。
国立アメリカ空軍博物館 (3 - 6)
 デイトンの朝日。世界の博物館に行くといつも、本当にこんなところにあるの? 人も来るの?(自分で行っておいてなんですが)と不安になります。
国立アメリカ空軍博物館 (2 - 250)国立アメリカ空軍博物館 (1 - 250)

◾️デイトンのライトパターソン空軍基地。その名が示す通り「ライト兄弟」ゆかりの地です。まさに空の歴史の地。博物館も空への挑戦から始まります。ここから米国をメイン軸とした人間と空の歴史を見て行くことになります。(※後日各航空機の名称のキャプションを追加します。)
国立アメリカ空軍博物館 (3 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (4 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (5 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (7 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (8 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (9 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (10 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (11 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (12 - 250)

◾️そして人は歴史上最大の戦争「第二次世界大戦」において大量の航空機を投入します。博物館ではヨーロッパ戦線と太平洋戦争に大まかに分けて展示。マネキンが多いの展示もとても面白いです。最後にはこの戦争を終わらせたものとして長崎に原爆を落とした「B-29」ボックスカーが私たちを待っています。博物館の面白いところはその国の視点を見ることが出来るという点もありと思います。博物館のプレゼンをどう見るのかは来場者の自由な権利です。
国立アメリカ空軍博物館 (17 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (18 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (19 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (20 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (21 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (22 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (24 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (27 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (29 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (30 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (31 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (32 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (33 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (34 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (35 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (36 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (38 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (39 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (44 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (46 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (48 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (50 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (52 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (56 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (60 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (62 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (64 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (63 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (65 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (66 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (68 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (69 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (71 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (72 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (70 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (75 - 250)

◾️そして朝鮮戦争、ベトナム戦争、冷戦へ。試行錯誤の連続とも言える様々なジェット機が私たちの目の前に現れます。共産国陣営の航空機も見ることができ、展示物によってはライバル構図のように展示されています。センチュリーシリーズのエリアは圧巻。模型を作ってさらに知りたいと本気で思ってしまいました。エリア88で心踊らせてくれた航空機や図録で見たことあるものがバンバン目に迫って来ると、人は思考が停止し足取りが重くなります。脳が焼ける。それだけの物量が迫って来ます。
国立アメリカ空軍博物館 (92 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (86 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (85 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (87 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (89 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (90 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (91 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (93 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (94 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (95 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (96 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (97 - 250)
国立アメリカ空軍博物館 (98 - 250)

 無塗装銀で輝く機体。航空機の美しさがダイレクトに脳に届く。歩いても歩いても途切れることなく刺激を与え続けられ、僕は一度写真を撮るのをその時やめました。少し冷静に見たい……そして直接この景色をもっと目に焼きつけたい。この奥にあるさらなる展示物に期待を膨らませながら、航空機の迷路に迷って行くのでした……(後編へ続く)。

再会。1/35MM

フンメル (2 - 5)
兵士たちの視線を僕たちが追う。その瞬間僕たちはプラモデルに魅了されている。
タミヤ1/35MMの最新作「ドイツ重自走榴弾砲 フンメル 後期型」はタミヤのミリタリーミニチュアのミルフィーユ的うまさを感じる重層な楽しみがある模型です。先に発売されている同一の車体が使用されているナースホルンは、僕の中で現在のタミヤの戦車模型のクオリティー、21世紀の戦車模型の入口となったものと思っており、フンメルはバリエーションキット的な立ち位置で見てしまっていました(フンメルのキットはほぼ新規パーツ…すんごいこだわりが詰まりまくりです)。ところが組み立ててみるとそこにはバリエーション云々ではない世界がありました。このキットこそワンパッケージでタミヤMMの面白さを詰め込んだキットだったんです。

IMG_4913.jpg
IMG_4912.jpg▲こちらはフンメルと同一車体、III号・IV号戦車系自走砲専用車台を使用して開発されたナースホルン。ドイツの自走砲ではフンメルと同様めちゃくちゃ人気のある車両。ドイツ軍の71口径8.8cm Pak43/1がズーンと伸びるそのシルエット。本当に好き。そしてナースホルンは現在のMMのスタンダードにもなっているスキャン技術と原型師のアイディアが盛り込まれたフィギュアが付属するキットの走り。インジェクションでレジン製のミニチュアのようなものが入ってしまったんです。当時箱を開けた時そのランナーをずっと見ていたのでした……。タミヤが次のステージに来てしまったあの衝撃は忘れられません。フンメルとは対照的なオープントップの中での緊張感。車両を介して中でドラマを作るか、外でドラマを作るか。車両はまさに家。タミヤMMにはドラマが描かれているとこの2種から感じてしまいます

そしてフンメルです。最大の特徴はみるからにごっつい15cm重榴弾砲。車両に関してはこのキットの魅力のほぼ全部とも言える組味を楽しませてくれます。「チッチェ〜」と思うパーツにものりしろがしっかりあるので接着剤をすっと塗り、乗せてあげればパーツたちはあるべき場所に融合します。ビスを使用することでパーツはしっかりと固定され、砲身の仰角がググッと取れる手応えはこの重自走砲の重々しさを指先で感じさせてくれます。
フンメル (4 - 9)
フンメル (3 - 9)
フンメル (2 - 9)
フンメル (1 - 9)▲少しずつ形になって行く15cm重榴弾砲。各ユニットの重なりは美しく、しかもシリンダーも連動して重たい砲を持ち上げる。ここは塗装でどう見せるか。作りながらワクワクが止まりません
フンメル (5 - 9)▲オープントップはメカニズムを目と指で体感できる模型です。そして必殺の一撃を与える兵器の象徴である部分には人を魅了する美しさがあるんですね。またこちらで使用している金属砲身は、キットと同時発売となったタミヤの純正パーツ

役者は舞台に現れるとスポットライトを浴びその空間を支配します。千両役者なんて言葉がありますが、この3人はどれもが一流。千両払わなくても僕らのもとにやって来てくれます。
フンメル (5 - 5)▲車両から手を伸ばす彼。車両から身を乗り出しています。この人下で膝をついてる人に何か指示を出していたんですね。弾を受け取ろうとしていたのかと思っていました。下の人と視線が絡み合う。組んで置くだけで車両の中と外が戦場になる。彼が戦場へと連れて行ってくれます
フンメル (3 - 5)▲弾を車両に載せるガイ。こんな風に持つのか!と学びもあります。木の台に乗って、車両と高さを合わせて弾を載せる。なんと兵器とは攻撃するまでに大変なのか、そしてフンメルはでかいんだと思わせてくれます
フンメル (4 - 5)▲彼は何を言われているのか。何を言い返しているのか? 次弾を準備している姿ではあるが視線は車両上の兵士に向けられています。会話が聞こえるかのようなプラモがこのフンメルなんです
フンメル (7 - 9)
フンメル (9 - 9)▲実際に人間をスキャンしたデータを原型師が凄腕で仕上げて行くタミヤのフィギュア。昨今では車両を超える魅力さえ放ちます。そしてこのフンメルのフィギュアを組んで思ったのが、車両の中と外で織りなすドラマを組んだ人全員が楽しめるように「視線&首の向き」が曖昧にならないように、ガチッと首と胴体の位置が決まります。そしこのフィギュアたちを配置した時「戦車模型って人と車両が織りなすドラマを楽しめる模型なんだ」という奥行きを感じることができるはずです。ビークルだけではない魅力。1/35スケールという僕らの視界におさまるサイズで迫ってくる世界に心が踊るのです

昨今すごくはまっていた1/48MMを通り1/35MMとの再会がこのフンメル。外見の美しさと車両の特徴は両スケールで体感できますが、35って自分の視界一杯に戦車模型の景色が広がるからワクワクするのかもという気づきもありました。僕の視界で何が起きているのかを即座に楽しことができるスケール。そして構成。それはタミヤ1/35MMの魅力なのかもしれません。塗らなくてもかっこよさがバシバシ来て、この模型って本当に素敵だなと頭で何度も想いを巡らせることができる。やっぱりタミヤ1/35ミリタリーミニチュアシリーズはプラモの王様なのかもなとフンメルは感じさせてくれました。

さぁ次は完成した姿をお見せできればと思います。素組みでかっこいいんだから塗りたいっしょ! だからパーツ一部接着してません! お楽しみに👊