FC2ブログ

タミヤ 1/35 ヤークトティーガーを作る 最終話 人馬一体!

DSC_4100.jpg
やっとこ、デカブツの完成です! プラモデルの完成は出会いと別れ。キットの完成した姿を楽しむ。そしてキット作り終わっちゃったな〜というなんとなく寂しい気持ち。でもまた同じキットを作る「再会」の機会がプラモデルにはある。自分が求めればいつだって振り向いてくれる。僕にとってヤークト・ティーガーはつらい別れ(以前完成しなかった)と再会(今回)を体験した思い出のキットになりました。タミヤ MMシリーズ50周年の今、じっくりMMの大型キットを楽しめたことも嬉しいっす。
DSC_4121.jpg
このヤークト・ティーガーの記事は、数年前のMMのキットにタミヤがアップデートパーツとして送り出し、過去のキットと組み合わせて欲しいという意図で発売した最新フィギュアキット「ドイツ国防軍戦車兵セット」を実際に組み合わせてみようというのがテーマ。
ドイツ国防軍戦車兵セットについてはこちらの記事をどうぞ「タミヤ 1/35 ヤークトティーガーを作る 第2話 戦車兵セットのメッセージ」
DSC_4094.jpg
こちらのフィギュアは、ヤークト・ティーガーのキットに付属するフィギュアです。戦車兵の半身像です。顔の表情が個性的でユニーク。また服のシワや勲章などもかっちりとモールドされていて見所が多いです。しかし最新キットのフィギュアは当時とは全く異なる方法で開発されており異次元。比べるのはナンセンスだな〜と思いながらも。今回使用したフィギュアは……
DSC_3986_convert_20181021095409.jpg
ぶっ飛んでいます。この完成度。実際に軍服を着た人間を3Dスキャンし、さらにそれを原型師が模型として完成させるということで今のタミヤのフィギュアはできています。それぞれの要素がコンパクトで緻密。服が体のラインに沿ってしっかりと纏われているフィギュアが全高約5cmにまとめられています。これだけのレベルのものを「タミヤ」ブランドで楽しめるということが本当に嬉しい。世界中で模型を発売するタミヤのキットだから、世界中の模型ファンとこのフィギュアのすごさを共感できるのですから。塗らなくてもすごく綺麗なプラモデル。DSC_3962.jpg
塗ってないフィギュアを乗せるのもかっこいいと思います。ヤークト・ティーガーの巨大さや無骨さがより際立って…フィギュアが"ある"ということで分かる存在感。
■フィギュア塗装に挑戦!
正直フィギュアの塗装は自信がありません……でも今は良いマテリアルがあるのでなんとかなります!
DSC_3987_convert_20181021095439.jpgまずはエアブラシでジャーマングレー(ファレホ)を塗装。軍服も黒に近い色なので、このジャーマングレーで攻めていきます。
DSC_3994_convert_20181021095500.jpg
次に顔や手首など、肌が露出している部分を白で塗装。他の部分に飛び散ってしまってもOK。後で筆塗りでチャチャっとリタッチします。ここからは「染め塗り」という技法で肌を塗ります。白を塗るのがポイントです。
DSC_4129.jpg使用するのが、シタデルカラーの「レイクランド・フレッシュシェイド」。シタデルカラーにはシェイドという種類がありまして、水のようにシャバシャバで、キットのディテールに塗ることで、スミ入れのようにディテールを引き立てることができます。これは肌色の影色として調色されている塗料です。これを白い部分に塗ると薄く、肌色に染めることができます。
DSC_4024.jpg顔の部分や手首にシェイドを塗っていきます。しっかりと塗料を伸ばして、塗料だまりができないようにするのがポイント。染めたら完全に乾くまで待ち、再度染めます。
DSC_4032.jpg塗って乾かし〜を3回繰り返した状態です。自然とディテール部分に濃く残り、影色となります。シャバシャバな塗料がディテールに流れて自然に染まって行くので、グラデーションを描くのが難しいと感じる人にはオススメの方法です。
DSC_4037.jpg各部の塗装と、キット付属のデカールを貼って完成! 左のおじさんは、下半身は戦車の中にズッポリなので、上半身のみ軽くドライブラシ。右側はのフィギュアは、全身をドライブラシしています。肌は染めた後に、シタデルカラーの明るいフレッシュでハイライトを入れています。
DSC_4132.jpg軍服はファレホのジャーマングレー、タミヤアクリルのダークグリーンとフィールドグレー、銀はファレホメタルカラーのシルバー、フレッシュは染め塗り後、ケイディアン・フレッシュトーンとキスレブ・フレッシュでハイライトを入れています。筆はタミヤのモデリングブラシプロII。この筆、本当に良いです。筆塗り苦手な人ほどマストバイ! 塗料の含み、毛のまとまり、どれをとっても高レベル!
DSC_4074.jpgこれだけでも戦車の上に乗せれば……。人馬一体! 戦車にも命が吹き込まれ、フィギュアも自らの存在意義を主張! 俺の戦車だ!このやろう! と言わんばかり。僕たちの手で戦車にはマスターを、マスターには最高の足を与えてあげましょう!
DSC_4102.jpg
DSC_4111-2.jpg
DSC_4106.jpg
DSC_4112.jpg
DSC_4117.jpg
DSC_4121.jpg
このフィギュアをどう合わせようか? 何と合わせようか? という考えから始まったこのエントリー。車両的にはサイドスカートを外した状態にしたり、草を履帯や車体に絡めてみたりしてみました。それ以外は本当に何もしていません。戦車模型の良いところは前にも書きましたが「らしく見せる」ことで多くのキットが輝きを放ちます。もちろんフルディテールアップしているものは別次元の完成度になりますが、ある程度の気楽というのも戦車模型の魅力です。
そして最新のタミヤMMシリーズには今回のドイツ国防軍戦車兵セットのようなクオリティーを持つフィギュアが多数セットされています。ガンプラで言えば「キット買ったら、一緒にめちゃくちゃくできの良い手首パーツが必ず付いてくる」みたいな状態です。No.335 ナースホルン以降のキットには特にキレキレフィギュアがセットされますので、オススメです!
あ〜パンターも作りたくなってきたな〜。ドイツ車両とともにこれからもこのフィギュアセットをガンガン買うと思います。エッチングパーツとかで車両に手を入れるのが苦手、もしくはディテールアップってよくわからないという方は、ぜひフィギュアを変えてみてください。その車両に自分だけの個性が出ますし、かっこいいフィギュアが乗っていることは細かいディテールアップを凌駕する力があります(見た目のインパクトや人の目を惹きつけるなど)。
タミヤMMシリーズ50周年の今年、戦車模型はいかがでしょうか?

■エピローグ 鉄の壁 虎の檻に飛び込め
ボービントン (91 - 751)のコピーイギリスのボービントンにある「ザ・タンクミュージアム」には虎の檻「ティーガーコレクション」があります。猛獣だらけなので、2秒で瀕死。畏怖と感動と自分がここにいることが信じられなくなり嗚咽。完全に虎の餌となりました。ヤークト・ティーガーもしっかりと檻の中で、鉄の壁と化しています。
ボービントン (130 - 751)
ボービントン (133 - 751)のコピー
ボービントン (554 - 751)のコピー












タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ 3号突撃砲 G型 (初期型)
タミヤ(TAMIYA) (1995-11-21)
売り上げランキング: 611,828

スポンサーサイト



タミヤ 1/35 ヤークトティーガーを作る 第6話 「らしさ」は楽しさ!

DSC_3834.jpg ホコリ汚れや泥、サビ、傷。プラスチックの模型がプラスチックのイメージから解き放たれる瞬間。僕はウェザリングを初めてした時、そんな感動を覚えました。汚す=汚くするではなく、これまで見たものやイメージを模型に施していく。
「らしく」楽しむというために、様々な写真を見たりしているとまたそのモチーフが愛おしくなる。それが楽しく、僕にとっての自由な楽しみ。「らしくない」と思う人もいるかもしれない表現。でもそれが模型であって、いろんな人の解釈を見ることができる世界だから楽しいんですよね。
では、僕のウェザリング始めます!

■鋼製転輪は磨いてキラリ!
DSC_3406.jpg 
Mr .メタルカラーのダークアイアン。このシリーズは塗って乾いた後、ティッシュなどで磨く事で鈍く輝きます。僕は初めて使用したのがガンプラのバーニアパーツ。キラキラしているんじゃなく重く輝く。まさにプラスチック感がなくなった瞬間の原体験だったかもしれません。
DSC_3405.jpg 
ゴムタイヤの転輪ではなく鋼製転輪という転輪が使用されているヤークトティーガー。インストでも外周部分は鉄系のカラーで指示されています。ここをダークアイアンで塗装。筆塗りしました。塗るとこの塗料、見た通りボソボソです。不安しかないですね…でもこのボソボソが変わるから楽しいんですよ!
DSC_3407.jpg 
塗料が乾いたら、このようにティッシュで磨きます。力を入れすぎず優しくね
DSC_3404.jpg 
なんという事でしょう〜。ボソボソがピカピカに! これがMr .メタルカラーの特徴です。鈍く重い雰囲気。鉄でしょう。

■シリコンバリアーチッピング
DSC_3380.jpg 
第4話のエントリーでご紹介したシリコンバリアーチッピング。遂にここで登場です!
IMG_5103.jpg 
まずは実際に塗料を剥がすのに使用するツールです。お馴染みのデザインナイフと、セラブレード(プラ製のセラカンナ)の曲線刃を使用します。
IMG_5104.jpg 
セラブレードの曲線刃は、他の部分を傷つけずにパーティングラインを消すのに適しています。ですので、チッピングする際も狙ったところの塗料を剥がしやすいです。
IMG_5105.jpg 
ハッチの隙間などは先端の細いもので。デザインナイフの刃先でやります。もっと鋭いものがあるのでしょうが、使い慣れているデザインナイフが、僕は1番コントロールしやすくてよく使います。
IMG_5108.jpg 
ゴッドハンドの神ヤス!も便利。エッジ部分などを軽くヤスってあげるとランダムに塗料が剥がれます。「らしく」なりますよ
IMG_5106.jpg 
車両部分がある程度終わった状態。おお剥がれてる!っていう感じより、所々細かく剥がれていて、なんだか自然だな〜というくらいが好きです。決して派手ではないのですが、このくらいの方が良いと僕は思っています。これからさらに色んな汚しを加えていくので、ここだけが主張して欲しくないからです。この後、これ以上の塗料の剥がれを防ぐために水性トップコートを吹きます。

■草とは......植物がもたらす「らしさ」
DSC_3813.jpg 
今回のエントリーの最後は「泥」。ウェザリングでいう「大トロ」のような存在。ガツンとくるパワーで「汚れ」を強烈にイメージさせてくれるものです。今回使用するのはこのマテリアル。Mr.ウェザリングペーストのマッドホワイトとマッドブラウン。この2種はウェザリングカラーと混ぜたり、専用のうすめ液で粘度も調整できる便利素材。ファレホのものは、泥に草が練りこまれているもので、塗ると小さい草が泥と一緒に車体にくっつきます。
で右の皿は……。
DSC_3814.jpg 
情景用の草と、屑です。アマゾンなどで購入することが可能です。この草や屑をウェザリングペーストに練りこみます。
DSC_3819.jpg 
ちょっと汚い画像でごめんなさい! 草などが絡んだ泥ができました。舗装されていないような道を走った履帯や車体につく泥とはどんなものでしょうか? そんなことを考えながら草を練りこみます。
DSC_3838.jpg 
DSC_3840.jpg 
DSC_3841.jpg 
履帯の他に、サイドスカートが外れている車体側面部分やリアに先ほどの泥をペタペタ。泥だけでなく、草などが加わると完全な自己満足ですが、「う〜ん。やってるね!」となります。ここから溶剤などで調整もできるので、もう少しらしくしてみようと思います。草のような自然物が入るとまた見え方が変わってきますね。
DSC_3846-2.jpg 
少しずつ俺のヤークトティーガーになってきました! 次回で車両編は最終回! ウェザリンングの後編へと参りましょう! そして撮影環境も次回からガラリと変えてお届けします。写真のクオリティを上げたいです! なんでも好奇心ですね。本日の川崎ベースでした〜。それでは〜。
ガイアノーツ G-12 マイクロセラブレード
ガイアノーツ(Gaianotes) (2011-11-15)
売り上げランキング: 23,218
ガイアノーツ G-13 マイクロセラブレード替刃
ガイアノーツ(Gaianotes)
売り上げランキング: 13,760
【溶剤系アクリル樹脂塗料】Mr.メタルカラー MC-214 ダークアイアン
GSI クレオス(GSI Creos
売り上げランキング: 107,845
VANCE VM008 Mr.シリコーンバリアー
GSI クレオス(GSI Creos)
売り上げランキング: 457

タミヤ 1/35 ヤークトティーガーを作る 第5話 迷彩塗装は怖くない!!

DSC_3388.jpg▲スケールモデルにはこのような塗装図が。1つのキットで数パターン塗装することができ、モデラーがそれを任意で選ぶ。そしてこの塗装図とにらめっこが続くのです

昨日下地塗装を終えた、ヤークトティーガー。早速迷彩塗装に入って行きましょう! 塗装に関しては戦車模型では単色のものと、今回製作しているヤークトティーガーのように迷彩塗装が施されているものの2種類に大きく分けることができます。「迷彩? これどうやってる塗るの? マスキングするの?」と初めての人は動揺するかもしれません。これは……

フリーハンドで攻めます!

輪郭がパッキリくっきり塗り分けされている迷彩はマスキングしますが、輪郭にボケ味のある迷彩はフリーハンドでOKです。模型をベタ塗りできる技術があれば誰でもできます!
DSC_3382.jpg▲前回、下地をオキサイドレッドで塗ったヤークトティーガー。まずは全体にダークイエローを塗装します
DSC_3384.jpg▲下地のオキサイドレッドを完全に隠蔽してしまうと下地塗った意味が全くもってなくなってしまうので、うっすら透けている感じにとどめます。多少塗り残しがあっても気にしません。これから沢山色を重ねていくので、この段階ではがっちり決め込まなくて大丈夫です
DSC_3390.jpg▲冒頭の塗装図をみながら次はレッドブラウンを塗ります。なんども塗装図とにらめっこ。この時塗装図と間違っていてもこの後の塗装で修正できるので、気にせずに、まずはレッドブラウンを塗る箇所にガンガン塗って1色終わらせましょう
DSC_3392.jpg▲同じようにダークグリーンを塗った状態。まずはこんなフワフワ迷彩で大丈夫! さまざまな色が飛び散っていたり、迷彩の輪郭に隣の色がガッツリと乗ってしまったり。でも気にしません

迷彩塗装が一周回った状態。この状態は勝手に「フワフワ迷彩」と呼んでいるのですが、この状態に持ってきてからが迷彩塗装の本番です。この状態で終わってしまうと所々汚いままとなってしまい。ですのでポイントは

迷彩は2周以上する!

です。最初のダークイエローから戻って、オキサイドレッド、ダークグリーンと順番に塗り、迷彩の形状やはみ出しなどを修正して行きます。塗り潰せば良いだけと思ってください。ハンドピースのコントロールの練習にもなり、1両迷彩車両が完成すると、細吹きのコントロールが飛躍的に上手くなっていると思います。
DSC_3393.jpg▲ダークイエローのリタッチ。自分はこの2周目の時、各迷彩の明度を少しだけあげます。1周目の時に様々な色がダークイエローに乗り、思ったより沈んだ色味になってしまっているのと、この後のウェザリングの工程も踏まえています。暗いダークイエローの上に、ダークイエローに少量のサンドを混ぜた明るいダークイエローを塗ることで、軽いグラデーションもかかります
DSC_3395.jpg▲こんな感じで、ダークイエローの部分を細吹きで狙って塗装します。迷彩の境界部分なども綺麗に整えます。ダークイエローが余計な場所に乗ってしまったら、その場所の色でまた塗りつぶしましょう。この繰り返しです
DSC_3397.jpg▲見事に調色ミスです。すこし明るくしたかったのですが……サンドよりになってしまいました。こんな時でも慌てずに調色しなおして、塗面が乾いたら塗りつぶしてやれば解決です
DSC_3399.jpg
DSC_3400.jpg▲2周目の迷彩塗装が終了! 各部が綺麗になって、ボケ足もいい感じ。また今回はサイドスカートを装着していない(戦場で外れたのをイメージ)状態にするので、サイドスカートが装着されていた部分はオキサイドレッド下地のままとします。それを再現するためにずっとサイドスカート取り付け位置だけマスキングしていたんですね
DSC_3401.jpg
DSC_3402.jpg▲最後に各部をチェックして終了!

ついに迷彩の基本塗装が終わりました! 次は鋼製転輪の塗りと、前回のエントリーでやったシリコンバリアーチッピングで、実際に細かく塗料を剥がして行きます。戦車模型の醍醐味であるウェザリング工程に入って行きますのでお楽しみに! 今日の川崎ベースからは以上です。

●おまけ
DSC_3411.jpg▲IV号J型とスチュアート、同時進行でやってます〜






タミヤ 1/35 ヤークトティーガーを作る 第4話 下地塗装ってどうしてますか?

DSC_3374-2.jpg

戦車模型を塗装する時、成型色の上から塗装してももちろんOKですが、私は下地の色を活かしたグラデーションや、より塗料をしっかりと定着させたい(ウェザリング時に塗料が剥げたりするのを防ぐため)ので、サーフェイサーを吹きます。
それが上の状態です。

DSC_3375-2.jpg▲戦車には錆止め塗料が塗装されており、その色はオキサイドレッドやマホガニーのような色だったとされています。自分はオキサイドレッドの上から基本色を塗ったときの雰囲気が好きなので、オキサイドレッドで塗ることが多いです。またより影を落としたいところにはあらかじめ「ブルー」を塗っておきます。オキサイドレッドの上から「ブルー」を塗ってあげると、すごく自然な陰影になりますのでオススメです。「黒」を置いてしまうと一気に暗くなってしまいます

●シリコンバリアーチッピングの準備
基本色を塗り終わった後に、実際に上の塗料を剥がして、下地のオキサイドレッドを露出させるチッピングをウェザリング時にしようと思います。チッピングの作業は、工程的にはまだまだ後半なのですが、その準備をこの塗装の前半で行います。
DSC_3376.jpg▲私は水性アクリル塗料(主にファレホ)を使用して塗装しています。塗膜がラッカー塗料よりは弱いので、オキサイドレッドを保護します。水性塗料なので、トップコートも水性トップコートを使用
DSC_3378.jpg▲シリコンバリアーの登場です。本来はシリコン型を剥がしやすくるためのもの。この剥がしやすくするという特性を活かします。つまりシリコンバリアーが塗られている箇所に上塗りした塗料は、ほかの箇所より剥がれやすくなります
DSC_3380.jpg▲シリコンバリアーを筆塗り。塗料のように厚みが出ることがなく、薄く表面がシリコンバリアーでコートされるだけでなので、全く難しくありません。パーツの角やフック、ハッチ周辺など塗料が剥がれそうな場所にペタペタ塗ってあげればOKです

これでシリコンバリアーチッピングの準備はOK! 実際のチッピングはまたウェザリングの回にご紹介します。

●下地完成!!

DSC_3382.jpg

ここまで来たら下地塗装終了です。次回は本格的に塗装に入って行きます!
ダークイエローが俺を呼ぶ!!!

タミヤ 1/35 ヤークトティーガーを作る 第3話 モデラーの浮気癖とは?

DSC_3336.jpg▲IV号戦車系のバリエーション選り取り見取り〜。どれもうまそうだ〜
DSC_3328.jpg▲スチュアート! この凝縮感がたまりません! もう色塗れますね! ヒャッホ〜

めっちゃ浮気しました。私はこれでヤークトティーガーを辞めました(第3部完ッ!!)

……というわけではないですが、模型のテンションってガタ落ちする時ありませんか? その原因がこれです。
DSC_3327.jpg▲キングタイガーやヤークトティーガーを組んだことがあるあなたならわかるはず! そうこの穴に取り付けるでかい輪っかがないんです。しかも両サイド…。100パーセント捨てましたね。捨てるのダメ絶対ッ

パーツの紛失は心ガチ折れしますよね……そんな時違う子がすごい誘惑してくるんです。おいでおいで〜って。踏ん張るんですが、本当に見つからないと誘惑に全てを委ね新たな快楽に手を伸ばしてしまうのです。ああ、模型って怖い……。

●「コーティングシートの誘惑」
 ドイツ軍戦車のツィメリットコーティングをお手軽?に施すことができるタミヤのコーティングシート。それぞれの車両ごとにシートが別売されています。貼ればできる…貼ればあなたにもコーティングされたかっこいい車両ができる。そんな声に導かれるのです。
DSC_3341.jpg▲身悶えするほどの快楽を味わった後。切り取り線にそってコーティングを切り取り、リベット部分など細かい部分も切り抜く。綺麗にカットしていないとパーツに貼った時ズレる! 残暑厳しい中、Tシャツの中で垂れていく汗。このプレイはなんだ!!
DSC_3345.jpg▲中に空洞みたいな場所は切り抜くのよという場所。これが最高にクール! めっちゃ効きます。きっと来世ではカット済みのシートに出会っているんだな

でも頑張った後にはご褒美が!
DSC_3329.jpgDSC_3330.jpg▲コーティングシートを貼り終えた状態です。この雰囲気。シャッキとした装甲板には無い、コーティングだけが醸し出す無骨さ。デザインナイフで角などをカットすれば、コーティングが剥がれているような雰囲気も出せますよ

……さっきの輪っかですが、キングタイガーって自分で言ってて「はっ!」ってなったんです。ジャンクにキングタイガーあったは!!!! 助かった〜!!。無事輪っかゲットです。一難さるとまたモチベーションが最高潮に!
DSC_3326.jpg▲ヤークトティーガーのキットにはエッチングパーツが入っています。めっちゃ嬉しい。エッチングパーツは瞬間接着剤というイメージが強いですが、失敗が怖い方はこのセメダインから出ている「ハイグレード模型用」がオススメです。エッチングパーツを曇らせることなく、瞬間接着剤のようにモリッとすることもありません。乾燥に時間がかかるので、接着面積が大きいものに限りますが、めちゃくちゃ綺麗にがっちり接着します。様々な用途に向いてますので、1本あると良い接着剤です
DSC_3324.jpg▲戦車模型はもうこの状態で塗装できます。もちろんパーツがバラせた方が楽ですが、エアブラシや缶スプレーで塗装するなら、細かいところまで入って行きますし、塗料が入り切らないところはあまり見えませんので。黒サフとかで塗っておくとさらに目立ちません。またパーツの整形も合わせ目やパーティングライン以外はこれといってすることもないので、組み終わったら塗装に行けるのが戦車模型の楽しいところです

さぁ塗るぞ! と思ったのですが、実は会社に……

ハンドピースのアタッチメントを忘れた!!

これも製作時のテンションダウンに……。
しっかりと準備する! 模型作る前に使う工具を並べたりするなど予防策はあるはず! 皆さんのテンション維持や浮気しない方法も知りたいですね! 模型案内所からは以上です。
DSC_3340.jpg▲でもこんな風に揃ってくると……これも模型の楽しみですね!