FC2ブログ

one day カーモデリングライフ! マツダ ロードスター TAMIYA 1/24

ロードスター (20 - 29)

美味しいものを食べてしまうとまた人は食べたくなります。フォードGTというご馳走を食べてしまい(下にロールするとフォードGTの記事があります)、カーモデルの面白さ、車の格好良さにグイグイ心を引っ張られ、完成後にすぐ注文したのが今回のお品「タミヤ 1/24 マツダ ロードスター」です。

僕にとって恩人のひとりである先輩が「またロードスターに乗りたくてさ、貯金始めるんだ」と言っていました。大人が貯金してまでも手に入れたいもの。大人でもいつまでも夢見ることができる。車ってやっぱ憧れるな〜。そんな先輩が欲しいって言っていた名車を次の1台に選んで見ました。そして1日で完成させてみよう! とフォードGTの経験を活かして狙っていきます。

■1日で作るための空想
1/色数が少ない、デカールが少ない車を選ぶ→キット選びは大事。完成見本を見ながらこの2つの条件を満たしながら自分の中でかっこいいものを選ぶ。ロードスターはぴったり!
2/缶スプレーで一気に塗る。乾燥時間を考え、ボディを優先
3/成型色を活かせるところは活かし、ツヤのコントロールで勝負
4/使いそうなマテリアルはプラモの蓋を裏返したものに集めておいてすぐ取り出せるようにする
5/飲み物必須! 携帯電話は別フロアにおいておく

キットが届くまで布団で上記のようなことを妄想。そして今日の朝一でロードスターが届きました!

ロードスター (29 - 29)▲この前のフォードGTを完成させるまでは車のパケージを見ると完成は無理かもと思っていたのが、一つできたことでワクワクに変わる。プラモのこの感覚が大好きです。さぁやるぜ!

ロードスター (1 - 29)▲すでにロードスター。成型色は白なので、いろんな色を受け止めてくれそうですね。直球で赤で行きます!
ロードスター (2 - 29)▲いろんな模型の中でもカーモデルって椅子がでかいですよね。まるで戦車模型のフィギュアのような感じ。でもね、このキットにはシートの主人が付くんですよ
ロードスター (3 - 29)▲それがこの女性。右ハンドル、左ハンドル仕様で選んで組み立てます。説明書にある「女性は自由に塗装します」って言葉いいです。僕は小麦肌でちょっとスポーティーで活発な女性をイメージして見ました。伊達公子さんみたいな。僕の勝手なイメージです
ロードスター (4 - 29)▲フォードG Tのような渋い仕様ではなく、輝度の高いメッキパーツ。多くのモデラーがメッキといえば思い浮かべるような雰囲気です

ロードスター (24 - 29)▲次に使用するマテリアル。ボディの塗装はタミヤのTS-95 ピュアーメタリックレッドで塗ります。今回もフォードGT同様、黒のパーツは成型色を活かし、プレミマムトップコートの光沢、半光沢をメインに使用しツヤ感を変える手法で行きます。黒を活かし、銀などは部分塗装して見ます(目立つところだけ塗ります)。
ロードスター (26 - 29)▲他の塗装はタミヤアクリルで。僕は模型を塗装する時アクリル塗料をメインで使用しています
ロードスター (25 - 29)▲デカールも手際よく貼るためにマークフィットを使用して確実に定着させて行きます。特にクリアーパーツにデカールを貼る箇所などもあるので、マークフィットはあると心強いです
ロードスター (27 - 29)▲説明書を見るとロードスターのボディにはマスキングが必要な箇所がありました。しかもゆるくカーブしています。そこでそんな時の強い味方の曲線用マスキングテープ(タミヤ)を準備。写真は雑ですが、こんな風に曲げられるので曲線部に沿ってフィットさせることができます。貼りながら形状を整えるように曲線に沿わせて行きましょう
ロードスター (28 - 29)▲汚っ! て思うかもしれませんが、このフォレホメタルカラーのジュラルミンがすごく良い色でして、こちらをホイールに使用します。キットは白の整形色なので、タミヤアクリルのX-1 ブラックを吹いた上から吹き付けます。足元はオシャレにしたいですよね!
ロードスター (6 - 29)▲ジュラルミンで塗装したのがこちら! 下地の黒が活きて少し重みがある雰囲気に。僕は大好きです
ロードスター (5 - 29)▲ランナーはすごく便利な持ち手になります。この状態で塗装できるものは先に塗装しておくと時短にもなります
ロードスター (7 - 29)▲今回途中まで説明書通りに裏を塗り分けていたのですが、これひっくり返さないと見えないのでは…と。綺麗に塗り分けるともちろんかっこいい最高なものになりますが、自分で裏返すことはないので、途中でやめました。シャシーのメインとなるカラーや黒一色で塗るだけでも良いのかもしれませんね
ロードスター (8 - 29)▲黒はほとんど成型色です。X-18 セミグロスブラックの指示があるところは半光沢、X-1 ブラックのところは光沢をふきつけています。でも見えないところは何も吹き付けません。見えないのですから
ロードスター (9 - 29)▲本当に嬉しいのが窓のマスキングシートがカット済みであること。ペリッと剥がせして所定の位置に貼るだけなんです。本当にありがたい。粘着力は強めっす

とこのような感じで製作していくと、黒を成型色活かしにしていることから、あっという間に組み上がっていきます。そしてボディは赤を塗ったらプレミアムトップコートの光沢でコート→マスキングして塗り分け(これが一番時間かかりました)→最後はメッキパーツ&クリアーパーツなどの接着&デカール貼り(インテリアのデカールは製作中に貼っています)で完成です!

ロードスター (10 - 29)
ロードスター (11 - 29)
ロードスター (21 - 29)
ロードスター (17 - 29)
ロードスター (16 - 29)
ロードスター (22 - 29)▲模型生活初のカーモデル完成品のフォードGTと2作目のマツダロードスター。記念撮影は嬉しい楽しい!

キットを買ったり届くのを待っているワクワクを形にしていく過程は個人の自由であり誰も邪魔できない時間。休日で完成させたり、じっくり腰を据えて作ったり。プラモは箱に入った未完成品だからこそこの自由があると思います。プラモって楽しいっすよね。今度はこの白いボディの成型色を活かして塗らないロードスターなんてのもいいな〜。いろんな作り方を妄想して、また1週間頑張りましょう!

ロードスター (19 - 29)


タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.346 フォード GT プラモデル 24346
タミヤ(TAMIYA) (2019-03-16)
売り上げランキング: 317


マークフィット (40ml)
マークフィット (40ml)
posted with amazlet at 19.03.24
タミヤ
売り上げランキング: 66,261


ファレホ メタルカラー 77702 ジュラルミン
Vallejo
売り上げランキング: 1,748,077

スポンサーサイト